三日坊主になる脳の仕組み



三日坊主で何も続きません、、、という質問をもらいました。これに対して、コーチングの観点から2つのことを言うことができます。


ひとつは、「三日坊主で何も続きません」と自分の言っている限り、ずっと三日坊主で何も続かない自分のままだということです。自分に語りかける言葉は、自己イメージを作り、人は自己イメージどおりに行動します。ですので、自分に語りかける言葉を変えましょう。本当に効果があるのですが、

残念ながら、これをしっかりと実行する人はごく稀です。ですから毎日こころがけるだけで、あなたは多くの人よりも有利に人生を進めることができますよ。

もうひとつは、三日坊主になるのは普通である、ということです。人間の脳は、放っておくと現在の状況を強く維持します。いっときやる気を出して習慣を変えようとしても、三日もすれば元通りです。なかなかなまけものなんですね。

わかる人はわかるかもしれませんが、これはコンフォートゾーンの仕業です。これに対抗するには、適切なゴール設定が重要になります。適切なゴール設定については別の場所でまた書きたいと思います。

ではまた。

 

【無料メルマガの登録はこちらからどうぞREenのメールマガジン」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です