「ライセンスをとったコーチがレベルアップするために」


 

情報を分類すると、言語情報と非言語情報に分けられます。

通常コーチングを学習する際には言語で行われる説明に基づきますが、その裏側にある非言語情報をどれだけ知覚し、自身の血肉にできるかが重要となります。

なぜなら、コーチングを使う局面、とりわけコーチングセッションにコーチとして臨むような状況では、そこでかわされる情報の大半が非言語情報だからです。

よって、非言語情報への感度をいかに高め、上手に運用できるようになるかがコーチとしての力量に直結してくると言えます。

そういった能力の向上のためにどうすればいいかについて述べた動画です。

対象は、コーチになりたい人、コーチとして活動している人、コーチとしてレベルアップしたい人です。

 

【無料メルマガの登録はこちらからどうぞ→「REenのメールマガジン」  

 

関連記事

  1. 「不満のマネジメント 〜ゴールを前提とする高い自己評価の構築〜」

  2. 「『真似る』ことでセルフコーチングが機能するフレームを作り込む」

  3. 「マインド内部のゴールが導く判断・行動を書き換える」

  4. 「採れたての食材から理想に向けて料理するコーチ」

  5. 「一瞬ごとにダイナミックに結実するコミュニケーション」

  6. 「日々の仕事の中でコーチング実践力を鍛える」

  7. 「コンフォートゾーンと縁起、その動かし方」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP