「コンフォートゾーンと縁起、その動かし方」


 

この動画では、コンフォートゾーンは特定の声質を持った縁起の塊のことであると述べた上で、それを動かすための1つの視点を提示しています。

人はコンフォートゾーンの中にあるものしか認識できません。

つまり、コンフォートゾーンが動くということは、認識できるものがまるっきり変わってしまうということであり、それは人生が変わることそのものであると言えます。

そのための方法はたくさんありますが、一例として動画で述べていることを参考にしてみて下さい。

 

ところで、この動画の中で行っているように、コーチングの中で用意された概念を組み合わせ、新しいゲシュタルトを作ることで、よりコーチングを機能させるための視点が手に入ります。

このようなゲシュタルトの加工技術は、コーチにとって極めて重要な能力であると言えます。

なぜなら、コーチは、クライアントの認識する宇宙、すなわちゲシュタルトを、クライアントが望む方向へと書き換えていくお手伝いをする役割を担うからです。

単に「コンフォートゾーンを移動させる話」として観るだけではなく、「ゲシュタルト加工の実例」として観ることでキャッチできる情報が倍増するでしょう。

 

 


【無料メルマガの登録はこちらからどうぞ→
「REenのメールマガジン」  

関連記事

  1. 「一瞬ごとにダイナミックに結実するコミュニケーション」

  2. 「日々の仕事の中でコーチング実践力を鍛える」

  3. 「ライセンスをとったコーチがレベルアップするために」

  4. 「マインド内部のゴールが導く判断・行動を書き換える」

  5. 「採れたての食材から理想に向けて料理するコーチ」

  6. 「不満のマネジメント 〜ゴールを前提とする高い自己評価の構築〜」

  7. 「『真似る』ことでセルフコーチングが機能するフレームを作り込む」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP