ビジネスコーチング

仕事で圧倒的な成果をあげるために


仕事で圧倒的な成果を上げるためにについて、誰も書いていないことを書きましょう。

 

 

仕事で成果を上げる、と言われるとどのような方法を想像するでしょうか。たとえば、日々のタスクのやり方を見直すことなどがあげられるかもしれません。現代の仕事の多くはパソコンを使っていますが、パソコンでどのように仕事をするかを見直すと、仕事が圧倒的に早くなります。効果的にフォルダを作って情報の整理をしたり、使いやすいようにアプリを配置したりというやり方です。

また、タスクの中で可能なものは任せるというのも有効でしょう。会社を経営されている方にとっては当たり前ですが、税務を任せるために税理士を雇います。また、契約書や申請書などの書類作成のために社労士を雇うという話もよく聞きます。給料計算などの労務管理も外注する会社もあるようです。ゴール設定(ゴールの設定、達成、更新を扱うこと)を扱うために、コーチを雇うという選択肢もありますね。私は今は自身がコーチとして雇われる側ですが、私自身がコーチを雇った経験があるので、これは極めて効果的ですよ。

さて、上記のアプローチは仕事の成果を上げるために有効ですが、特に目新しいものではありません。つまり、他の誰かが言っていることです。

では、他の誰かがあまり言っていない、仕事の成果を上げるために必要なことは何でしょうか。それは、趣味に没頭することです。趣味とは、仕事とはまったく関係のない、自分がただやりたいことです。意外でしょうか? でもこれが本当に効果があるのです。

効果がある理由はいろいろとありますが、ここでは1つだけお伝えしましょう。人間には必ず見えていないものがあります。それをスコトーマと言いますが、仕事のやり方に関してもスコトーマがあります。仕事にやり方に関するスコトーマが見えるようになれば、いまより成果が上げることができます。そのためには、自分の脳に仕事とは全く関係のない角度から刺激を与え、間接的に仕事のスコトーマを外すということが有効なのです。

趣味に没頭しながらも、ときどき考えてみてほしいのです。「何か仕事に活かせることはないかな?」という具合です。きっと仕事の成果を上げるアイデアが見えてくるはずですよ。

それでは。

 

【無料メルマガの登録はこちらからどうぞREenのメールマガジン」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です