【保存版】コーチングとは何かを知るための用語大辞典

 

photo-1435771112039-1e5b2bcad966

 

苫米地式認定コーチ、TICEコーチの高嶋芳幸です。

コーチングとは何かについて書かれているウェブサイト、書籍はたくさんあります。

職業柄そういったものをたくさん読みましたが、多くはきちんとした理論に基づいて書かれたものではなく、著者の経験をまとめたものになっていることが残念です。

私の提供するコーチングは、科学的な理論に基づいた次世代のコーチングです。

それゆえ、パーソナルコーチングにおいても、セルフコーチングにおいても確実な結果につなげることができます。

しかしながら、理論がしっかりとあるがゆえに、理論の中に含まれる大切な用語を理解することが難しいという面があります。

用語の意味を理解することが難しいのではありません。

用語そのものに含まれる深い意味を捉えることに時間がかかってしまうのです。

そこでこの記事では、用語の深い意味の理解を助けるために、コーチングにおけるそれぞれの用語の定義を確認し、参考になる記事を紹介したいと思います。  

 

1:苫米地式コーチングの概要

コーチングとは、クライアントのゴール設定を促し、ゴールを達成できるマインドの構築をバックアップしていくことです。

そういったコーチとクライアントの関係をコーチングと呼んだり、そこで交わされるやりとりのことをコーチングと呼んだりします。

  「苫米地式コーチングとは何か、理論があるとはどういうことか」では、コーチングにおいて理論があるということはどういうことなのか、また、なぜ理論がなければならないのかについても説明しています。  

コーチングには、パーソナルコーチングセルフコーチングがあります。 パーソナルコーチングとは、コーチングの理論と技術を修めたプロのコーチをクライアントが雇い、定期的なセッションの中でコーチングを行うことです。

セルフコーチングとは、コーチング理論を学んだクライアント自身が、自分に対してコーチングを行うことです。

 

「【決定版】パーソナルコーチングとセルフコーチングの違いとは」では、パーソナルコーチングとセルフコーチングの違いについて詳しく説明しています。  

 

2:ゴール

コーチングにおいて最も重要な概念がゴールです。

ゴールとは、達成すべき夢のことです。 いわゆる目標のことであると理解してもよいでしょう。

しかし、一般に言われる夢、目標とはいくつかの点において違いがあります。 その代表的なものは、ゴールは現状の外側に設定しなければならないというプリンシプルです。    

 

「コーチング理論から考える正しい目標設定の方法」では、ゴールは現状の外側にできるだけ大きなものを設定するという、超重要事項について詳しく説明しています。  

「コーチング理論から考える一歩先に進んだ目標設定の方法」では、ゴールは複数持ち、バランスが取れたものである必要があるという内容を説明しています。  

「教育のプロが教える、子離れできない親がコーチングを学ぶべき理由」では、子離れできない親は自分のゴールを持っておらす、正しく子離れしていくためには親がゴールを持つべきであると主張しています。

  「「うつ」まで巻き起こす、SNS疲れの原因と対策」では、SNSに疲れてしまうのは、ゴールから考えてSNSを利用するという発想が欠けていて、不必要な情報に振り回されてしまうことにあるという内容を説明しています。  

 

3:エフィカシー

エフィカシーとは、ゴール達成のための自己の能力の自己評価のことです。

エフィカシーの重要な点は、自己評価なので自分で勝手に上げてよいということです。

自分にはこういうゴールがありそれは確実に達成できる、という強い確信がエフィカシーなのです。

以下の記事では、エフィカシーの詳しい説明と、どのようにすれば効果的にエフィカシーを上げていけるかについて書いています。

 

「自分に自信が持てない人のための処方箋(基礎編)」では、エフィカシーという概念の詳細な説明と、その本質は自分で勝手に上げることであるという内容が書かれています。

「自分に自信が持てない人のための処方箋(発展編2)」では、エフィカシーを上げるために、エフィカシーが高い人との人間関係を作ることが効果的であると主張しています。

 

4:コンフォートゾーン

コンフォートゾーンとは、その人にとっての安心できる領域のことを意味します。

現状の外側にあるゴールを達成しようと思うのなら、いま自分がいるコンフォートゾーンを飛び出す必要があります。

その際には、不安な気持ちが湧いてくることが多く見られます。

そういった不安な気持ちをうまくコントロールし、コンフォートゾーンを飛び出すにはコツがあります。  

 

「コーチングの理論で考える失敗しない転職の仕方」では、転職とはコンフォートゾーンを飛び出すことそのものであり、そのことを理解しておくことが転職を成功させることにつながるという記事です。

  「教育のプロが教える、子供に自信をつけさせるとっておきの方法」では、子どもが成長し、親のコンフォートゾーンから飛び出そうとした結果、親は無意識に子どもの自信をくじくようなことがある危険性を指摘しています。  

「痩せられない人必見! ダイエットをしても痩せない真実の理由とは」では、ダイエットで痩せられない場合の本質は、太っていること自体がコンフォートゾーンになっており、そのコンフォートゾーンを移動させるという発想ができていないという説明をしています。

  「コーチング理論から考える、後悔しない生き方をするために」では、後悔はコンフォートゾーンを飛び出す怖さを味わわないですむためにしているのではという厳しい指摘をしています。  

 

photo-1437532437759-a0ce0535dfed

 

5:抽象度

抽象度とは、情報量で概念を並べ替えた上下関係のことを意味します。

「コート、ジャケット、パンツ」という概念をひとつ抽象度を上げて見ると「衣服」となります。

このような関係を抽象度の上下関係というのです。 コーチングにおいては、ものごとの抽象度を上げて観察することがたいへん重要視されます。

その結果、低い抽象度で見ていたときに解決できなかった問題の解決方法がひらめいたりするからです。

 

  「職場の人間関係に疲れた人が意識するべきたったひとつのこと」では、人間関係の問題を、抽象度をあげて観察することによって解決するというやり方を提案しています。  

「孤独な経営者がコーチを雇うことのススメ」は、経営者とは組織内でもっとも抽象度の高い人であり、他の人には見えないものが見えているため、孤独に陥るのは必然であるという内容の記事です。  

「振られた恋人と復縁するための5(ファイブ)ステップ」では、振られた恋人との復縁は、自分だけのハッピーではなく、抽象度をひとつあげたお互いのハッピーを未来に設定することが大切であると主張しています。  

 

6:スコトーマ

スコトーマとは、心理的な盲点のことを言います。

何かに意識を向けて注目するということは、それ以外が意識の外側に隠れてしまうことになります。

この意識の外側の領域や、外側に隠れたしまったもののことをスコトーマといいます。

ゴールを達成していくためには、このスコトーマの中にある今まで自分の認識にあがらなかった新しい情報を手に入れていく必要があります。  

「孤独な経営者がコーチを雇うことのススメ(後編)」では、スコトーマが生じるメカニズムと、経営者はスコトーマを外してくれるコーチを雇うと大きなメリットがあると説明しています。  

「嫌な上司をこの世から消し去る技術」では、上司と折り合いのつかない人は、スコトーマの原理を逆手に取り、嫌な上司をスコトーマの中に入れて認識できないようにするという解決方法を提案しています。  

 

 

7:ブリーフシステム

ブリーフシステムとは、その人が持っている信念の集合のことをあらわします。

信念とは、コーヒーと紅茶があったときにはコーヒーを選ぶ、というように無意識レベルでの選択、判断、評価そのものであるといえます。

記憶によって出来上がった信念の集合であるブリーフシステムが、その人の人格であると考えることができます。

ゴールを達成するためには、現在のブリーフシステムが変容していく必要があります。  

 

「教育のプロが教える、感情に任せて子供を怒るのがよくない理由」では、勉強ができない子供はブリーフシステムがそのように出来上がっており、その原因は親が感情にまかせて子供を叱責したことにあるという注意を喚起しています。

 

8:ドリームキラー

ドリームキラーとは、ゴールを設定した際に現れるゴール達成を否定する存在のことを言います。

親はもっともドリームキラーになりやすい存在です。

ドリームキラーは、大きなゴールを設定して動き始めると必ず出現するので、あらかじめ対策を講じておく必要があります。

もっとも効果的な対策は、ゴールは不用意に他人に教えないというものがあります。  

 

「25倍収入を増やすことのできるマインドの構築法」では、収入を上げるというゴールを設定すれば、必ずドリームキラーが現れることを指摘し、そのメカニズムと対策について説明しています。

  photo-1440964829947-ca3277bd37f8
 

 

9:セルフトーク

セルフトークとは、人間が自分自身に語りかける言語のことを言います。

セルフトークの中には、言葉に出されたつぶやきや、言語としてはっきりとして知覚できないような想念も含まれます。

セルフトークの積み重ねがその人の人格を作り上げていきます。 ゴールを達成できた自分になっているということは、ゴールにふさわしいセルフトークを日常から繰り返しているはずであると考えることができます。  

 

「自分に自信が持てない人のための処方箋(発展編1)」では、自信のない状態はセルフトークの結果であると指摘したのち、セルフトークをコントロールする具体的なステップを紹介しています。  

 

10:have to、want to

have to、want to はそれぞれ、やらなければならないこと、やりたいことと理解することができます。

コーチングが目指すのは、have to が 0%であり want to が 100%である状態です.。

また、人間は want to の状態であるからこそ能力を発揮することができます。

ゴールを達成するために能力を発揮するには、そのゴールが want to である必要があります。  

 

「そうはいってもやりたいことが見つからないんです」そんな人がどう考えるべきか」では、want to なことだけをやるべき理由を説明したのち、どのようにすればやりたいことが見えてくるのかを段階的に提示しています。  

「やりたいことがありすぎて困っている人の頭の中」では、やりたいことがありすぎて困っている人は、それらの中に他人から仕掛けられた have to なものが紛れ込んでいる可能性を指摘しています。  

「教育のプロが教える、子どもに読書の習慣をつける4つのアイデア」では、読書をするさまざまなメリットを紹介したのち、子供に読書の習慣をつけてあげるには、いかに want to で子供自身が取り組める読書環境を用意してあげられるかが大切であると主張しています。

 

11:臨場感

臨場感とは、五感を通じて生成された情動や体感に結びついたリアルな感じのことを言います。

ゴールを設定した際に重要なのは、現実の世界よりもゴールの世界の臨場感を上げることです。

目の前の世界の臨場感はあまりにも高いので、ゴールの臨場感を勝たせるには工夫が必要です。  

「コーチング理論から考える目標設定のリアリティを上げる方法」では、ゴールを達成するためになぜ臨場感を高める必要があるのかを説明したのち、ゴールの臨場感を高める具体的なワークを紹介しています。  

 

12:ステータス・クオ

ステータス・クオとは、大きな構造的変化が起こらないままやってくるであろう未来も含んだ現状のことを意味します。

ゴールを達成するには、この現状から外へと飛び出していく必要があります。

ステータス・クオを飛び出すためのポイントは、大きな構造的変化が起こらなければ達成できないようなゴールを設定することです。

  「考えすぎる性格の人が行動するために知ってほしいこと」では、ステータス・クオの中でいくら一生懸命行動しても、状況は大きく変わらないということを指摘した上で、考えることをいったんやめて直感で動くことを勧めています。  

「クリエイティブ(創造的)な仕事をしたい人が知っておくべきこと」では、真のクリエイティブとはステータス・クオの外側にあるものであり、そのためは、want to のゴール設定、大量の知識、ステータス・クオの外側に飛び出す勇気が必要であると主張しています。

 

13:アファメーション

アファメーションとは、自分に向けて唱える肯定的な言葉のことを意味します。

ゴールに合致したアファメーションを日々唱えることで、ゴールを達成した状態のマインドを積極的に作っていくことができます。

そのようなマインドができた結果、ゴールが達成されるのです。

  「あなたを成功に導くアファメーションの作り方」では、アファメーションを唱える有用性を述べたのち、正しいアファメーションの作り方について解説しています。

 

まとめ

この記事では、苫米地式コーチングにおける用語の意味を解説し、その理解を助ける記事を紹介しました。

実はコーチングにおいて重要なことは言葉で説明できる理論ではなく、言葉を超えた体感にあります。

コーチを雇うということはその体感を共有することなのです。

とはいえ、そういった体感は、理論を理解しておいたほうが強力になることはいうまでもありません。

ぜひ、この記事を活用し、理論を勉強していただけるとうれしいです。

 

  【表には出さない情報、お得なキャンペーン情報が配信される無料メルマガの登録はこちらからどうぞ→「REenのメールマガジン」  

 

あなたを成功に導くアファメーションの作り方




苫米地式認定コーチ、TICEコーチの高嶋芳幸です。

以前、自信をつけるひとつの方法として、セルフトークをマネジメントするというテクニックを紹介しました。

《*セルフトークに関する記事はこちら→「自分に自信が持てない人のための処方箋(発展編1)」

その記事を読んだ方から、正しいセルフトークの方法をもっと具体的に教えて欲しいとの声をいただきました。

そこでこの記事では、言葉を用いたセルフトークのテクニックである、「アファメーション」について解説をします。

アファメーションを使うことで、あなたが成功してくためのマインドを積極的に形成することができるようになるでしょう。  

セルフトークとは

人は常に内省的な独り言をしゃべっています。

その数は1分間に数回、1日では数千回にのぼると言われています。

その独り言のことをセルフトークと言いました。  

セルフトークをマネジメントする理由

セルフトークの積み重ねによって、人間のマインドは作られます。

たとえば、何かしらのセルフトークを1日に10回行ったと考えてみてください。

1ヶ月で300回、1年で3600回もの回数、そのセルフトークを思い浮かべる脳神経を強化していることになります。

脳神経が強化されることにより、その考えはだんだんと真実味を帯び、やがてあなたの現実そのものとなります。

それが肯定的で、自分のゴールにかなったものであればよいのですが、否定的なものであった場合は問題でしょう。

だからこそ、否定的なセルフトークを排除し、肯定的なセルフトークだけを行うよう管理する必要があるのです。  

アファメーションとは

肯定的な言葉をあらかじめ用意し、それを日々唱えることで、ゴールの世界の自分の臨場感の高めていきます。

この肯定的な言葉のことを、アファメーションといいます。

アファメーションの中には、こうなりたい、こうありたいという内容を盛り込んでいきます。

とはいえ、ただ闇雲に作ればいいというものではありません。

効果的なアファメーションを作るには、しかるべきルールを守る必要があります。

以下、アファメーションの作り方の原則をあげていきたいと思います。 

photo-1442037025225-e1cffaa2dc23
 

アファメーションの作り方の原則

1:個人的なものであること

「私は」、「自分は」といった、一人称を用いて書きます。内容も自分に関する個人的なものを選んでください。

2:肯定的に書くこと

「しない」、「いらない」という書き方はやめましょう。

3:現在進行形で書くこと

「いま〜している」、「〜が起こっている」と書きましょう。

4:「達成している」という内容で書く

「もうすでに〜している」、「いま〜できている」というように、すでに達成しているという書き方をします。 「〜なるだろう」、「〜なりたい」というように、未来そうであるという書き方は避けます。

5:比較をしない

アファメーションは個人的なものです。 他者がどうであるか、他者と比べてどうであるかは一切入れないようにします。

6:動きを表す言葉を使う

動きや様子がよくわかるような言葉を使います。

7:感情を表す言葉を使う

感情を呼び起こすような言葉を選びましょう。 もちろんその感情は、嬉しい、楽しい、誇らしい、気持ちいい、すがすがしいといった肯定的なものであることは言うまでもありません。

8:記述の精度を高める

アファメーションは一度作って終わりではありません。 そのつど見直し、理想の状態に近づけるよう精度を高めていきましょう。

9:バランスをとる

内容に偏りが出ないようにしましょう。 仕事、健康、人間関係、家庭、学習、趣味、社会貢献など、複数の項目があると理想的です。

10:リアルなものにする

アファメーションを唱えるごとに、自分の未来が感じられるほどリアルなものにします。

11:秘密にする

アファメーションはあくまであなた個人のものです。 不用意に外部には漏らさず、心ない批判から守りましょう。 ただし、プロのコーチに吟味してもらうことは問題ありません。  

アファメーションの例

ここで、元祖コーチであるルー・タイスが実際に唱えていたアファメーションを紹介します。  

私は無条件で暖かい尊敬の念をすべての人に対して持っている 心からの感謝の念を日々周囲に伝えている 優しい心で満たされた心豊かな毎日が心地よい

 

私はいつでも人々の良いところをみつけ褒めたたえている 私自身の良いところも日々新たに見つかり毎日が新鮮ですがすがしい

 
いずれの例も上記の原則に従ったものになっているのがおわかりでしょうか。

参考にしながらあなたなりのアファメーションを作ってみてください。  

photo-1433785567155-bf5530cab72c  

アファメーションをいつ唱えるか

さて、アファメーションを作ることができたとしたら、それはいつ唱えるのがよいのでしょうか。

結論から言えば、夜の眠る前が最適です。

特に、夜の眠る前にはα波やθ波といった脳波が優位な状態になります。

いずれも深いリラックス状態のときに観測される脳波です。

リラックス状態であれば、意識のブロックをくぐり抜け、無意識の深い部分へとアファメーションを届けやすくなります。

もちろん夜眠る前だけではなく、一日中どんなときに唱えても大丈夫です。

回数を繰り返すごとに、アファメーション通りの自分へと変化していくことを実感できるはずです。  

まとめ

アファメーションとは、あらかじめ決めた肯定的な言葉のことであり、これを唱えることで、自分を理想の状態へと導いていくものでした。

セルフトークのマネジメントに取り組む際には、ぜひ活用してみてください。

参考にしていただけると幸いです。


【無料メルマガの登録はこちらからどうぞ→「REenのメールマガジン」  

  

自分に自信が持てない人のための処方箋(発展編1)


solitude_photography1

苫米地式認定コーチ、 TICEコーチの高嶋芳幸です。

基礎編では、エフィカシー(self-efficacy)の定義を説明し、エフィカシーを上げていくための考え方を説明しました。

エフィカシーとは「ゴールを達成するための能力の自己評価」、いわゆる自信のことであり、自己の評価なのだから勝手に上げてよいものだということでした。

自信は勝手に持っていいのです。  

さて、実際にエフィカシーを上げてもらえたでしょうか。

本来なら、エフィカシーの上げ方はそれで終わりなのですが、エフィカシーを上げたものの、その確信度がゆらぐこともあるでしょう。

「自分にはできるはずだ! でもそうは言ってもなあ……」という具合です。

そこでこの記事では、発展編と称して、確信度がゆらがないように、また、ますます確信度をあげていくための具体的なテクニックを紹介いたします

このテクニックを日々取り組むことによって、あなたのエフィカシーは必ず上がっていくことを請け合います。

《*この記事から読み始めても理解できるように書いてありますが、より理解を深めるために、ぜひこちらの記事も読んでみてください→「自信を持てない人のための処方箋(基礎編)」》  

人はそもそも自信を持って生まれてくる

人はなぜ自信を失ってしまうのでしょうか。

生まれたときはみな自信満々だったはずです。

自信満々に日々を過ごし、たくさんの成果をあげてきたはずです。

もしかしたら、自分はそんなたいしたことはしてません、と言いたくなるかもしれません。

でも、そんなことはないのです。

みな一様に言葉をしゃべり、立ち上がり、体が大きくなりました。 これはすごいことです。

自信に満ち溢れていなければ、絶対にできないことなのです。

極めて複雑で困難なことを、ほぼ全員が身につけて成長していくのです。  

yIdlmSvfSZCyGkCkLt0P_lucaslof_2  

なぜ自信を失うのか

ところが、多くの人は、自分はなんだってできるはずだという確信をいつの間にか失ってしまいます

多くの場合それは、失敗の積み重ねによって起こります

失敗を重ねることで、ああやっぱり自分はできないのだと感じるようになるのです。

また、自分にとって影響力のある人から、お前は失敗したのだと強く刷り込まれることも多くあります。

失敗は存在しない

本来ならば、絶対的な失敗などありません。

たとえば、大学受験で第一志望に受からなかった人がいたとします。 その人は受験に失敗したと思うでしょう。

しかしその人は、しぶしぶ入った第二志望の大学で出会った教授の教えに感銘を受け、学問に打ち込み、その分野を代表するような学者になったとします。

この場合、大学受験は失敗だったといえるのでしょうか。

もちろん、こんな風にわかりやすく、結果的にはよかったと思えるような例ばかりではないのかもしれません。

しかし、ここで言いたいことは、失敗かどうかは常に流動的で答えなどないという事実です。

だったらわざわざ失敗だったと認定して、自己評価を下げる必要などまったくないことが分かるはずです。

セルフトーク

人間は常に内省的な独り言をしゃべっています。

これをコーチングの言葉でセルフトーク(self-talk)と言います。

セルフトークの恐ろしいところは、それが習慣化されることによって本当にそのような人間になっていくということです。

たとえば、何か失敗をしたときに、「やっぱり自分はダメだなあ」というセルフトークをしてしまったとしましょう。

そのことで、自分の脳内にある「自分はダメである」という考えがひとつ強化されます。

失敗をするたびに同じようなセルフトークを繰り返すと、ますます自分はダメな人間であるという考えが強固なものになっていきます。

気がつくと自分がダメな人間であるということが絶対的な真実であるかのようになってしまいます。

自信のない状態に安心してしまう

そうなると、自分がダメな人間であるという状態がコンフォートゾーン(comfortzone)になってきます。

コンフォートゾーンとは自分が安心できる領域のことでした。

なんと、自分がダメな人間であるというネガティブな状態が、その人にとっては安心できる現状になってしまうわけです。

どのような状態であれ、コンフォートゾーンになった以上、居心地がよく感じられます。

そんなことはない、自信のない自分の状態が居心地いいわけがない、と言う方がいらっしゃるかもしれません。

しかし、コンフォートゾーンが現状を維持しようとする力はとても強いということを思い出してください。

これは逆に言えば、コンフォートゾーンを脱するにはとてもつもないエネルギーが必要であることを意味します。

よって、自信の持てない自分は嫌だと意識が感じる一方で、ものすごいエネルギーを使って新しい自分になるよりはマシだと無意識は判断してしまうのです。

まさに、分かっちゃいるけどやめれないという状態です。

これはセルフトークの結果であると考えることができます。
  photo-1430598825529-927d770c194f  

セルフトークをマネジメントする

したがって、失った自信を取り戻すために、セルフトークをマネジメントし、エフィカシーの高い状態をコンフォートゾーンにするという観点が必要になってきます。

セルフトークのマネジメントは、三つの段階に分けて考えると理解しやすいと思います。

すなわち、チェック、改善、無意識化です。 順番に説明していきます。

1:チェック

普段自分が行っているセルフトークを注意深く観察するところからはじめましょう。

セルフトークが肯定的でポジティブなものばかりであれば素晴らしいことです。 意識的に増やしていきましょう。

しかし、否定的でネガティブなものが多い方は注意が必要です。 具体的にどのような場面で、どのような反応をしてしまっているのかを把握していきましょう。

たとえば、仕事でミスをしたとき、「ああ、またやってしまった……、やっぱりおれってミスが多いな」などと思っていませんか。

多くのセルフトークは無意識のうちになされているため、自分でも驚くような発見があると思います。

また、セルフトークは内省的な独り言であると書きましたが、声に出してつぶやいたり、だれかとの会話の中で「自分は〜である」といった発言をしていることも多いです。

そのため、セルフトークをチェックする方法として、自分の参加している会話を録音して聞きなおしてみるという方法も有効です。

あるいは、自分のネガティブな口癖を他人に指摘してもらうという方法もよいでしょう。

2:改善

徹底してネガティブなセルフトークを排除していきましょう。

たとえ何か失敗をしたとしても、「ああ、やってしまった」とか「やっぱり自分には能力がないのだ」と考える癖を取り除きます。

かわりに、「次はうまくいくさ」とか、「ベストを尽くしたから何も気にすることはない」と考えましょう。

そうすると、ネガティブな状態をコンフォートゾーンにしてしまうことを回避することができます。

また、さらに、いつどのようなときでも「自分にはゴールを達成する能力があるのだ」というセルフトークを行いましょう。

この数は多ければ多いほどよい影響を生んでくれます。

あるとき、自分の中に力強い確信のようなものが備わっていることに気がつくでしょう。

3:無意識化

このステップは、上記ふたつのステップをこなしていれば自動的に達成できるものです。

ポジティブなセルフトークも、それが何度も繰り返されれば意識に上らなくとも繰り返せるようになっています。

自転車に乗れるようになってしまえば、あとは考えずに無意識に任せていてもうまく進めるのと同様です。

そのためには現在のセルフトークを意識化し、正しいセルフトークに改善していくという手続きが必要なのです。

ぜひみなさんには、無意識でエフィカシーを高め続けられるような境地に達してほしいと思います。

Kinfolk_10-Tips-for-the-Black-Thumb_Web-25  

まとめ

エフィカシーに対する確信を維持するために、セルフトークをマネジメントするという考え方を紹介しました。

みなさんも「自分にはできるはずだ」というセルフトークを維持しながら日々を送りましょう。

きっとエフィカシーの高い状態があなたの安心できる領域になることでしょう。

次回は発展編2と称し、エフィカシーの確信度をあげていくもう一つの考え方を紹介します。
「自分に自信が持てない人のための処方箋(発展編2)」

参考にしていただけると幸いです。


【表には出さない情報、お得なキャンペーン情報が配信される無料メルマガの登録はこちらからどうぞ→「REenのメールマガジン」