身も蓋もないから誰も言わない、文章力を上げるためのトレーニング法


photo-1445699269025-bcc2c8f3faee

 

苫米地式認定コーチ、TICEコーチの高嶋芳幸です。

インターネットがない生活を想像することは、もはや不可能といっても過言ではないでしょう。

老若男女を問わず、ネット空間へとアクセスする時間は伸びてきています。

最近では、 IoT(Internet of Things: モノのインターネット)という言葉が象徴的なように、その傾向にますます拍車がかかっているようです。

それに伴い、わたしたちは否が応でも書くという行為に直面せざるをえなくなってきました。

ブログ、フェイスブック、ツイッターなど、15年前には想像もできなかったツールが登場し、わたしたちは書くことと日常的に接するようになっています。

そういった事情のため、現代では質の高い文章力を身につけることがますます価値を帯びることとなりました。

まさに、ライティングスキルは身を助けるという状況です。

そのため、どのように文章力を鍛えていくかについて、日夜思いを巡らせている人も多いことでしょう。

そこでこの記事では、文章力のトレーニング法を紹介します。

あまりにも身も蓋もない話なので、語られることは少ないのですが、その本質をしっかりと理解して取り組んでもらえれば、必ずや文章力が向上することを請け合います。  

 

文章力鍛える一般的な方法論

文章力を鍛えるために、一般的にはどのような方法論が語られているのでしょうか。

例えば、このようなものがあげられます。


・専門用語は避け、わかりやすい表現を心がける

・パラグラフ(段落)ごとのまとまりを意識する ・論理的なつながりに注意する

・誤字、脱字がないように気をつける

・読み手を想定して書く


こんなところでしょうか。

先に言っておきますが、これらはすべて重要です。

どれひとつ欠けても、質の高い文章を書くことはできません。

実際にこのブログでも、論理的思考力の鍛え方について記事を書きました(「論理的思考力を鍛える第一歩」)。

このように、書くために必要な方法論はたくさん語られていますが、多くの場合に欠けている視点がひとつだけ存在します。  

 

書くことは身体表現である

それは、書くことは身体表現であるという事実です。

言い換えれば、文章は書き手の肉体を通じて現れるということです。

頭の中で考えたことを文字を用いて書かれる文章が、身体表現であるという事実には違和感を感じるかもしれません。

もちろん文章を書くことは、スポーツのようにアクティブに体を動かすということではありません。

そうではなく、文章を書く際にはそこに必ず書き手の身体が存在しているということです。

ということは、上述した文章力を鍛える方法論をただ理解しただけでは、文章力は上がらないということです。

つまり、実際に自分の全身を総動員して訓練を積んでいかなくては、文章力をものにすることはできないということです。

自転車に乗ることを想像してください。

上述した方法論は理論であり、前もって知っておくべき知識です。

いわば、自転車という乗り物がどういうものか、どのようにして乗るのかという予備知識にあたるといえます。

しかし、それを知っただけでは自転車に乗れるようにはなりません。

実際に自転車に乗り、失敗を重ねながら身体で学ぶという段階を経ないことには乗れるようにならないでしょう。

同様に、文章も身体を通して体感的に学ぶ必要があります。 これは忘れられがちな事実ですが、最も重要なことであると言えます。

 

photo-1440964829947-ca3277bd37f8

 

身体を通して文章力を鍛える方法

では、身体を通して文章力を鍛えるために、どのようなアプローチをしていけばいいのでしょうか。 実にシンプルな方法を二つ紹介します。

 

1:たくさん読む

まずは何にもまして、たくさんの読書をすることです。

これには二つの意味があります。

一つは、たくさん読むことで大量の知識を得ることであり、もう一つはたくさんの文章を身体で吸収することです。

知識がなければ、よい文章は書けません。 なぜなら、よい悪いを判断する根拠は、多くの場合すでに持っている知識に依存しているからです。

文章を書く際、何かひとつ単語を決定したいと考えたときに、たくさん知識のある人はそれらを参照にしながら最適なものを選び出すことができます。

だからこそ、知識があったほうが有利なのです。

文章の中で話題にしている内容に直接関係のないように見える知識であっても、たくさんあったほうがよいと言えます。

文章をたくさん読めば、知識もさることながら、さまざまな文章のスタイルに触れていくことができます。

自分の好みの文章もあれば、そうでないものもあるでしょう。

もちろん、好みのものをどんどん読んでいけばいいのですが、好みのものでなくても学ぶべきところはあります。

それがなぜ好みでないのかがわかれば、自分がそうならないようなコントロールができるようになるからです。

そういった意味でも、とにかくたくさんの文章に触れることは大切です。

以上のように、知識を習得するためにも、文章を吸収するためにも、ひたすら読書を通じて身体で感じていくというプロセスが欠かせないのです。

 

2:たくさん書く

読むこと以上に重要なのは、実際に書いてみることです。

意外なことに、文章力を鍛えたいという人に限って書くことをしていない例がたくさんみられます。

そういう人は、あらかじめ方法論に通達することに目が向いてしまい、実際に自分の身体を使って書くという段階に進めないでいるようです。

もういちど自転車の例を思い出してください。

いくら自転車の乗り方、素材、歴史、上手な乗り手のことなどに通達したところで、自転車に乗れるようになるでしょうか。

絶対に無理です。

それは、単に自転車に詳しくなっただけで、自転車に乗れるようになったわけではありません。

文章も同様で、最後には自分の身体を使って書いた量が質を決定します。

もちろん、その際に正しい方法論を知っておくことは必要でしょう。

なぜなら、不毛な努力をしてしまう恐れがあるからです。

それでもやはり、実際に書くことをないがしろにしてはいけないのです。

アメリカの心理学者でアンダース・エリクソンという人がいます。

エリクソンの行った研究で、トッププロの音楽家たちに共通して見られるのは、圧倒的な練習時間であったといことがわかっています。

文章力をあげるためには、とにかくたくさん書くことが大切です。

 

photo-1446034295857-c39f8844fad4
 

読みながら書くというワーク

たくさん読んで書けといっても、いったいどのようにアプローチしたらいいのだと戸惑うかもしれません。

そこで、最後にひとつ、具体的な練習法を紹介したいと思います。

実際に身体を使い、読みながら同時に書き写すという方法です。 それを「写経」といいます。

印刷技術のなかった時代、本は貴重品でした。

なぜなら、一冊一冊を手書きで書き写していかなくてはならなかったからです。

実はこれがたいへんなトレーニングになっていたのです。

身体を通して文章に触れていくという訓練は、ナチュラルに文章力を向上させたはずです。

手前味噌のように聞こえてしまうかもしれませんが、私は数年間にわたり何10冊もの本を写経した経験があります。

好きな作家や評論家の文章を、かたっぱしからキーボードで書き写していきました。

そのなかで、文体、リズム、響き、調子といった、極めて言語化しづらいエッセンスを身体で学ぶことができました。

とてもいい訓練になったと思います。

みなさんも、この人の文章は魅力的だなあと思ったら、実際に身体を用いて写経してみることをおすすめします。  

 

まとめ

文章力をつけるためには、書くことが身体技術であるという事実を知るのがその第一歩でした。

そのことをふまえて、たくさん読み、たくさん書くこと、地味で身も蓋もない話ですが、これが本質であるということでした。

参考にしていただけると幸いです。

 

  【表には出さない情報、お得なキャンペーン情報が配信される無料メルマガの登録はこちらからどうぞ→「REenのメールマガジン」

  

論理的思考力(ロジカルシンキング)を鍛える第一歩


photo-1444792131309-2e517032ded6

苫米地式認定コーチ、TICEコーチの高嶋芳幸です。

ビジネスパーソンのあいだでは、論理的思考力、つまりロジカルシンキングを鍛えることが重要視されています。

終身雇用モデルが通用しなくなりつつある現代、意識の高いビジネスパーソンは、自分のキャリアにおいて武器になるものを探すことに熱心になっているということでしょう。

そこで今回の記事では、論理的思考力(ロジカルシンキング)を鍛えるための考え方を紹介します。

論理的思考力(ロジカルシンキング)を鍛える意義

論理的思考力を鍛える意義とは何でしょうか。

現代の社会において、物事は言語に基づいて成立しています。

法律をはじめとして、あらゆる規則、法則は最後には言語化されるということです。

ということは、論理的であればあるほど、物事の規則をしっかりと認識し、法則を見つけ出すことがしやすいということです。

そのことは、あらゆる物事に最短で最適な解を得られるということを意味します。

なので、論理的であれば社会において成功しやすいといえるでしょう。 社会における成功こそが、多くのビジネスパーソンが論理的思考力を身につけたがる一番の理由なのではないでしょうか。

もちろん、論理で割り切れない現実というのがたくさんあるのは事実です。

社会に関わっているのは感情のある人間なのだから当然です。

だからといって論理的であることをないがしろにしていいわけではありません。

フェアで堂々した成功を目指すビジネスパーソンにとって、論理的思考力は強力な武器となるでしょう。

上達するためには意識化することからはじまる

論理的思考力に限らず、何かを上達しようと思うのならば、その何かがどのような仕組みになっているのかを理解することが必要です。

難しい本をやみくもに読んだからといって、論理的思考力は鍛えられません。

その意味で、論理的思考力を鍛える前段階として、論理とはいったい何か、また、論理的思考力とは何かを確認しておく必要があります。

論理とは何か、論理的思考力とは何か

論理とは、言語活動において二つ以上の内容をつなぐ働きのことをいいます。 具体例をもって説明します。

「村上春樹が新刊を出した。

だから私は本屋に行った」という文章があったとします。

この文章では、三つのことが述べられています。

一つめは、村上春樹が新刊を出したということ。

二つめは、私は本屋に行ったということ。

そして、三つめは、村上春樹が新刊を出した「結果」、私は本屋に行ったということです。

この三つめに注目して下さい。

三つめは、二つの出来事を「原因と結果の関係」で結びつけています。

このように、言語で表現された内容どうしを、なんらかの関係で結びつけているその関係のことを論理と呼びます。

ということで、論理的思考力とは、「言語内容の背後にある関係を上手に扱う力」のことであると言えます。

photo-1418386767268-77cdab4edcaa

論理の基本的な形

論理の分類の仕方はさまざまあります。

この記事では、もっともシンプルで扱いやすい分類を紹介します。 世の中の論理の形を三つに分けてみます。

すなわち、1:抽象具体関係、2:対比関係、3:因果関係です。

それぞれ説明した上で、それぞれの関係を明示する代表的な「接続語」をいくつか紹介します。

1:抽象具体関係

「今日はいろいろな人に会った。

たとえば、弁護士、医者、野球選手などだ」という文章があったとします。

抽象的な「いろいろな人」の具体例として、後に続く「弁護士、医者、野球選手」述べられています。

このような抽象的なものと具体的なものを言い換えて結びつける関係を、抽象具体関係といいます。

別の例としては、「営業成績でトップをとった。

つまり、出世への切符を手にいれたということだ」という表現などがあります。

抽象具体の関係を明示する接続後には「つまり」、「たとえば」などがあります。

これらの接続語は「=(イコール)」として認識するとイメージしやすいと思います。

前後で抽象度が変わっているので、厳密な意味ではイコールではないのですが、同じことを別の言葉で言い換えているという意味でイコールと認識するとよいでしょう。

2:対比関係

「人間は思考することができる。

しかし、チンパンジーは思考することができない」という文章があったとします。

この場合、人間とチンパンジーを比べ、それぞれ思考することができるものと、できないものとして説明しています。

このような二者間以上の対象を比べる関係を、対比関係と言います。

対比関係を明示する接続語としては、「しかし」、「ところが」、「でも」、「それに対して」などがあげられます。

この接続語を見つけたら、前後で何かが対比されていると考えればよいでしょう。

3:因果関係

「急発進で車をスタートさせた。

なぜなら、なにものかが近づいてきたからだ」という文章を考えてみましょう。

この文章では、車を急発進させた理由として、なにものかが近づいてきたからだと述べています。

このように、物事の原因、結果、理由などに基づいて作られる関係を因果関係といいます。

ちなみに、さきほどあげた村上春樹の新刊の例は、因果関係の一種です。

因果関係を明示する接続語は「だから」、「なぜなら」などがあげられます。 これらの接続語を見たら、論をひとつ進めようとしている、あるいはひとつさかのぼろうとしている、と考えるとよいでしょう。

photo-1427501482951-3da9b725be23

論理的思考力(ロジカルシンキング)を鍛えるためには論理の形式を意識する

言葉を使っている以上、みなさんは例外なく論理を用いて思考しているといえます。

ただし、そのほとんどが無意識で行われています。

それだけに、どれだけ上手に論理を使っているかは人それぞれです。

論理的思考力を鍛える第一歩として、まずは身の回りの言語表現が上記三つのパターンのどれにあたるかを考えてみるといいでしょう。

つまり、自分の使っている論理を意識化する、ということです。

読んでいる本、隣の人が話している会話、いまから発するつもりの意見、テレビドラマのセリフなどなど、すべてが分析の対象になります。

そのように論理に意識を向けることが、論理を上手に扱えるようになるための第一歩として極めて効果的なのです。

まとめ

今回は論理的思考力(ロジカルシンキング)を鍛える第一歩としての考え方を紹介しました。

論理とは何かを理解し、基本的な論理のパターンを日常生活の中で意識することが大切だということでした。

参考にしていただけると幸いです。

 

  【表には出さない情報、お得なキャンペーン情報が配信される無料メルマガの登録はこちらからどうぞ→「REenのメールマガジン」