「指導者から愛され、誰よりも早く深く学習する方法」

 

この記事では、早く深く学習しながら、しかも指導者から愛される人ががどのようにマインドを使っているかについての分析が書かれています。


同じ環境・指導者のもとでも、早く深く学習できる人とそうでない人がいます。
空海が唐に留学に行ったときの話です。師匠となる恵果は空海に合うやいなや「君が来るのを待っていた」と言い、その後、密教の奥義を空海に伝授します。恵果には1000人を超える弟子がいたそうです。その中には何十年も帰依していた人もいたでしょう。しかし空海はそういった人たちをぶち抜いて一気に一番弟子となります。そして恵果の期待通り、約半年という短期間に密教をものにしたそうです。その後日本に密教を持ち帰り、大活躍したのは周知のとおりです。さて、なぜ同じ環境・指導者のもとにいるにもかかわらず、こうも学習速度・深度に違いが起こるのか、コーチングの概念を用いて分析してみましょう。

まず、早く深く学習できない人の最たる悪癖は、自己責任(accountability)の意識がないことです。自己責任とは、自分で選択・決定し、結果に責任を取る態度です。人間は自分の能動的な決定に関する情報にRAS(reticular activating system)が開くように出来ています。RASとは重要な情報とそれ以外を選り分ける脳のフィルターシステムです。 目の前の環境に対して「自分はここから1つでも多くのことを学ぶのだ」とか、「眼の前のことはすべて自分の責任で扱い、結果に対して向かい合う」といった考えを持っていなければどうなるでしょうか。自分を成長させる重要な情報のほとんどすべてがRASにブロックされ、脳の中に入ってきません。せっかく指導者が伝えることも、右から左へと受け流してしまうだけです。こういう人はどんな環境でも早く深く学習できません。


さらに、早く深く学習できる人は、自己責任の意識を前提として指導者の抽象度で学ぶ意識があります
。RASが通過させるのは重要なものだけでした。もし、学ぶ際の抽象度(levels of abstraction、視点の高さのこと)が自分ではなく、指導者のそれだとしたらどうでしょうか。たとえば「自分がこの指導者であったらどう教えるか」「自分がこの指導者だったらどういう態度で学んでくれたら嬉しいか」「自分が別の人を指導するとしたらどう学べばいいか」という視点です。明らかにRASの働きが変わり、単なるいち学習者を遥かに超える情報が入ってきます。もちろん、実際には指導者ではないので想像で補うしかないところは多々あります。その際にはビジュアライゼーション(visualization)が有効です。ビジュアライゼーションとは、五感を含む情報全てを臨場感とともに想起するテクニックのことです。ビジュアライゼーションを用いて、指導者の持つ抽象度に対して責任意識を持つことで、誰よりも早く深く学ぶことができるようになります。


こういう人は指導者に的確な貢献できるので愛されます。そして上の人も目をかけて指導してくれるので、ますます学習が加速します。
指導者に対して貢献できるのはなぜでしょうか。常日頃から指導者の抽象度で学ぶことで、指導者が見ている世界が見えるようになってくるからです。その世界が見えるようになれば、自分にしかできない役割を自ら発見し、より的確な貢献ができます。これでは愛されないほうが難しいというものです。熱心に貢献しようとしても、自分の視点を出られなければ的はずれな振る舞いをしてしまい、かえって疎まれてしまいます。熱意が空回りしている、ありがた迷惑となってしまいます。上手に貢献できれば、愛され、重用され、さらには重要な役割を任されていきます。するとますます学習が加速していくのです。

本記事での主張の好例を最後に紹介しておきましょう。作家・海堂尊の筆による、伝記「外科医 須磨久善」からの引用です。須磨久善さんは日本初の心臓難手術「バチスタ手術」に挑んだことで有名な、天才心臓外科医です。まさに学ぶ才能があったからこそ、その地位まで上り詰めたと言えるでしょう。

(母校の大阪医大に務めることになった須磨さんは、並み居る人材の中でも次第に頭角を現してゆきます。そのコツを聞かれた須磨さんはこう答えます。)

(引用開始)
「役に立つ人間になることでしょうか(中略)」

「(そのための鍛錬として)まずはイメージを掴むこと、です。イメージを持てればいろいろなことが上手く回り始めます。たとえば手術見学ひとつとっても、外回りという雑用をしながら、手術メンバーと同じくらい勉強だってできる。その立場よりひとつ上、ふたつ上の場所からシュミレーションすればいい。助手の下っ端や第三助手として手術に入るなら、術者と同じ勉強をしておく。そうやって今のステージの一歩先、二歩先を歩けば、必ず有用な人間になれます。みなさんだって手伝いを頼む時には使い勝手のいい人を選ぶでしょう。有用な人間は先取的な努力をすることで作られていくんです」(引用終了)

海堂尊「外科医 須磨久善」より引用
(括弧書き、太線は本記事執筆者の手による)

 

【無料メルマガの登録はこちらからどうぞ→「REenのメールマガジン」  

 

「【自信が持てない自分】を分解し、【エフィカシー溢れる自分】へと再構築する計画書」

 

この記事には、自信が持てないマインドの仕組みを分析し、高いエフィカシーを持つ自分へと
再構築していく方法が書かれています。

 

自信が持てないという問題を抱えた人を多く見ます。自信が持てないことの一番の問題は、ゴールが達成できないという点です。ここでは自信を「自分にはゴール達成の能力があると信じること」と考えてみましょう。コーチングでは、このような種類の自己評価のことをエフィカシー(efficacy)と言います。エフィカシーが高いからこそ人は大きなゴールを設定することができ、実際に達成できるような行動を重ねていくことができます。世に言う成功者を想像してみてください。一様に自己評価が高いと感じないでしょうか。もちろん、世の中には「実るほどに頭を垂れる稲穂かな」という言葉があるように、立場のある人ほど謙虚なところがあります。しかし、謙虚であることと自己評価は別の話です。自分を自分で高く評価する、すなわち自信があるからこそ人に高圧的に接する必要もなく、謙虚なのです。そしてそのような人だからこそ、実際に大きなゴールを達成していきます。こういう人とは対極にあるのが、自信を持てない人と言えます。

そもそもの話、人は本来無限の可能性を持っています。しかし、素朴にそれを信じることができないために自身が持てない、すなわちエフィカシーが上がらないのです。コーチングの概念にRAS(reticular activating system)というものがあります。日本語では、網様体賦活系と言います。これはその人が持っている重要性に基づき、大事な情報とそうでないものを識別する脳のシステムです。たとえば、写真家が街を歩けば見えるもの全ては被写体ですが、そうでない人からすればただの何気ない街の一コマでしょう。人は重要性によって見えるものが変わるということです。また、RASの働きの結果として認識されなかったものをスコトマ(scotoma)と言います。RASのシステムを持つ人間である以上、スコトマがあることから逃れられません。そして、スコトマがあるということは、そこに自分のまだ見えていない可能性があるということです。その可能性の中には、自分も気がついていない大きなゴールや、それを達成するための方法、誰も持っていないあなただけの魅力、エフィカシーが高い未来の自分の姿など、宝のようなものがたくさん隠されています。それらの情報は存在しないのではありません。可能性として常にあなたのそばにあります。しかし、あなたの脳の働きにより気がつかず、それゆえ物理的に現実化していないだけなのです。これが人間は本来無限の可能性を持っているということの根拠です。

RASの働とは別の概念として、あなたの無限の可能性を制限する4つの概念をルー・タイスは提示してくれました。すなわち、ハビット(habit)、アティチュード(attiutde)、ブリーフ(belief)、エクスペクテーション(expectation)です。それぞれ見ていきましょう。

ハビットとは無意識の習慣、行動パターンのことです。例えば、朝起きたら必ず一杯のコーヒーを飲む、といったものです。もしかしたら、あなたにとっての朝の飲み物にはもっと素晴らしいものがあるかもしれません。しかし、必ずコーヒーを飲むという行動パターンに縛られたままでいると、その未知の可能性に触れることはできません。

アティチュードとは、無意識の判断のことです。例えば、あなたが映画を見に行くとします。その際に、誰かを誘うかそれとも一人で行くかという選択肢があります。それをよくよく吟味もせずに、いつもどおり一人で行くことにしました。でも、もし誰かを誘っていたとしたら、一人では味わえなかった楽しさを経験できたかもしれません。映画を見た感想を交わすといった楽しみです。無意識の判断に縛られていると、やはりそういった可能性に触れることができません。

ブリーフとは、その人が当然のこととして無意識に持っている価値観、強い意見のことです。たとえば、男性は女性よりも優れているという信念を持っている人がいたとします。その人にとっては、男性が女性より優れていることが重要性を持ちます。すると、先述したRASの働きにより、女性の優れている部分がスコトマに隠れてしまいます。結果として、女性の優れている点を発見することのないまま人生が過ぎ去ってしまいます。


エクスペクテーションとは、無意識に抱いている将来に対する期待、見通しのことです。
将来にきっと悪いことが起こるという見通しをあなたが持っていたとします。するとやはりRASの働きにより、将来に対する希望の兆しがことごとくスコトマになってしまいます。結果として将来性のある選択肢が認知できなくなります。認知できないものは選択しようがないので、現実に将来は悪いものになってしまいます。

以上4つの要素が、あなたが本来持っている無限の可能性を隠してしまいます。そしてこれら4つの要素が何処にあるのかと言えば、それもあなたのマインド(脳と心)の中なのです。お気づきかもしれませんが、4つの要素はすべて人間の脳内にある無意識の働きです。脳の神経細胞に蓄積された情報のパターンが、無意識に機能し、重要なものとそうでないものを決めているだけなのです。あなたの無限の可能性は、まさに可能性として常にあなたのそばにあるということでした。そしてその無限の可能性の発見を阻むのは、脳内にできたあなた自身の認知の偏り、いわば脳のクセなのです。

するとやはり、自信を持つには「自分には本来無限の可能性があるがそれらは脳のクセによって隠されているという事実」を受け入れるだけだということになります。それができれば苦労しないよと感じますか? それでは、実際にまだ見ぬ可能性へとアクセスして体で納得していけばいいでしょう。どうすればいいでしょうか。RASとスコトマの仕組みを理解し、4つの要素の制限を外していけばいいのです。制限を外すどころか、4つの要素を逆手に取って、あなたの無限の可能性を引き出すツールとして利用すればいいのです。ハビットは、意識にあげてあえて違うことをやってみましょう。アティチュードも、意識にあげてあえて違う判断を下しましょう。ブリーフはまず疑ってみて、違う価値観がないものか考えてみましょう。そして、エクスペクテーションは、自分の未来への高い希望として思い切り素晴らしいものに書き換えてしまいましょう。もちろんそれらはすべて、設定されたあなただけのゴール(goal)に基づき、その達成のために相応しい方向へと選択するべきです。あなたの中にある無限の可能性を素朴に確信し、自信にあふれた毎日を送ることができるようになるはずです。

 

【無料メルマガの登録はこちらからどうぞ→「REenのメールマガジン」  

 

孤独な経営者がコーチを雇うことのススメ(後編)


photo-1447522200268-a0378dac3fba

苫米地式認定コーチ、TICEコーチの高嶋芳幸です。

前回の記事では、経営者が孤独になる構造的な理由と、それでも経営者は自分で解決策を探る必要があるという内容でした。

《前編を未読の方はこちらからどうぞ→「孤独な経営者がコーチを雇うススメ(前編)」

さて、今回のこの記事では、経営者の孤独を踏まえた上で、経営者がコーチングを学ぶこと、コーチを雇うことのメリットについて書きたいと思います。

問題は解決策が見つからないから問題である

まずは、経営における問題がなぜ起こるのかについて、コーチングの理論に基づいて考察してみたいと思います。

物事を前向きに進めていると、どうにかしなくてはならないことが起こることは避けられません。

それは経営においても同様で、問題が生じることは日常茶飯事のはずです。

しかし、その際に本当にまずいのは、解決策が見つからないことなのではないでしょうか。

解決策さえ見つかってしまえば、その問題はもはや問題ではなく、解決していくべき課題になります。

そうなれば、あとはやるかやらないかだけの話なので特に迷うこともないでしょう。

このように問題とは、解決策が見えないから問題であるとわかります。

それでは、解決策が見えない時、その人間の脳の状態はどうなっているのでしょうか。

 

photo-1446034295857-c39f8844fad4

 

RAS(網様体賦活系)とは何か

人間の脳は他の器官と比べて、たいへんエネルギーを消耗すると言われます。

これは進化の過程の中で、脳だけが飛び抜けて進化をしてしまった結果なのです。

それゆえ、脳が全開で働いてしまうと、生体そのものに深刻なダメージが残ります。

そういった状態を避けるため、人間の脳は手抜きをしながら情報処理をするシステムを作り上げました。

そのシステムのことを「RAS(網様帯賦活系)」といいます。

これは、外界から入ってくる情報を、自分にとって重要なものとそうでないものにより分け、重要でないものをブロックするシステムです。

このシステムにより、脳はエネルギーを使いすぎることなく存立できているのです。

スコトーマとは何か

そして、重要でないと判断されてブロックされた領域や情報のことを総称して、「スコトーマ」と呼びます。

もともとこの言葉は眼科の用語で、眼の神経束の構造上見えない領域のことを指すものでした。

物理的に見えない盲点のことをそう呼んだのです。

その後、元祖コーチであるルー・タイスが、心理的にも認識できていない領域、あるいは認識できていない知識という使い方として用いるようになりました。

ということで、コーチングにおいてスコトーマは、「重要でないと判断されて認識に上がっていない領域や情報、すなわち心理的盲点のこと」というふうに考えます。

ここで問題を抱えた経営者の話に戻りましょう。

もし経営者が問題を抱え、解決策を見出せずに苦労しているとしたら、その解決策はスコトーマの中に隠れてしまっているのです。

スコトーマを外すために

そうすると、解決策を見出すにはスコトーマを外し、認識できなかったものを認識できるようにすればいいとわかります。

そのためにはいろいろとやり方がありますが、まったくやったことのないことをたくさんやるという方法があります。

経営者には、それまでの過去の記憶からくる知識の体系があります。

その中で、自分にとって重要なものとそうでないものの順番が出来上がっています。

そして、重要でないと判断されたものは認識の外側、つまりスコトーマの中へと隠れてしまっているという話はすでにしました。

そこで、スコトーマの中へ隠れた解決策を認識できるようにするために、過去の記憶で出来上がった知識の体系をぶち壊す必要があります。

そのために、いままでやったことのない新しいことをどんどんと行うのです。

この際にやる新しいことは、問題に直接関係のないものであってもかまいません。

できるだけふだんの自分ではやらないような、自分の常識に外れたことの方がよいでしょう。

新しいことをやれば、いままでの知識の体系が変化していきます。

その結果、経営者自身の重要なものの順番が変化し、今まで見えなかったものが見えてくる可能性が高まるのです。

必然的に、解決策が見えやすくなるでしょう。

以上にように、解決策の見つからない問題も、マインド(脳と心)の仕組みに基づいて整備されたコーチングの理論を学んでおくことで、進むべき方向が見えてくるのではないでしょうか。

孤独であることを受け入れ、前向きに解決策を模索しようと決めた経営者の方は、ぜひともコーチングの理論を学んでもらいたいと思います。

  photo-1438480478735-3234e63615bb-1
 

企業活動における専門家たち

ところで、企業活動にはさまざまな専門家たちが関与します。

会計士、税理士、行政書士、司法書士、社労士、弁護士などがその代表例でしょう。

これらの職業の専門家たちは、それぞれの領域においての訓練を積んでいます。

だからこそ経営者は、料金を払って彼らに専門性の高い作業を委託します。

もちろんその作業を経営者自身が行ってもよいのですが、かかる時間や精度のことを考えると、プロに任せてしまうほうが合理的であるということは多々あるでしょう。

孤独な経営者がコーチングを学び、コーチを雇う意義

コーチとはどのような専門家なのでしょうか。

それは、マインド(脳と心)の仕組みを理解し、クライアントがゴール達成するためのお手伝いをする専門家であると言えます。

経営者は自らコーチングを学び、セルフコーチングを実践していくことで、間違いなくいままでよりも高い生産性を実現できるでしょう。

今回の記事で言えば、スコトーマに隠れた解決策を見つけられるようになるということです。

とはいえ、さらに意識の高い経営者には、コーチを雇うという選択肢も念頭に入れていただきたいと思います。

各専門家を雇うのと同様に、プロのコーチを雇い、パーソナルコーチングを受けることで、より効率的にゴールを達成していけます。

事実そういった決断をなさった経営者からは、自分だけではここまで効率良くゴール達成をすることはできなかったという声をいただいています。

  《パーソナルコーチングとセルフコーチングの違いについて詳しく理解したい方はこちらを参考にしてください→「【決定版】パーソナルコーチングとセルフコーチングの違いとは」》  

 

まとめ

孤独である経営者にとって、問題の解決策を独力で見つけ出すために、コーチング学ぶことが重要であるということでした。

また、より高いゴールを目指す経営者には、コーチを雇うという選択肢もあるということでした。

参考にしていただけると幸いです。

 

  【表には出さない情報、お得なキャンペーン情報が配信される無料メルマガの登録はこちらからどうぞ→「REenのメールマガジン」