年始にセルフエスティームを決めましょう


年始には、自分の価値を決める作業をやりましょう。

 

あなたの無意識は、自分で自分のことをどのくらい重要であると見なしているでしょうか。

あまり重要ではないと見なしているでしょうか。

まあまあ重要であると見なしているでしょうか。

それとも、ものすごく重要であると見なしているでしょうか。

まずは、いまあなたの無意識が自分の価値をどのように設定しているか、日常における自分の判断や行動を観察し、推察してみましょう。

その上で、できるだけ高く自分の価値を設定しましょう。

もちろんそれは、他人の価値をないがしろにするという意味ではありません。

それはまったくの別問題です。

他人とは一切関係のないところで、まずは自分で自分のことをとても大切な存在であるということを決めましょう。

そうすることで、今年一年の過ごし方ががまったく違うものになるでしょう。

 

さて、上記の声がけには、いくつか理論的な背景があります。

それについて解説します。

セルフエスティーム(self-esteem)という概念があります。

これは、無意識レベルで自分で自分の価値をどのように設定しているかの指標です。

セルフエスティームが高ければ、自分の無意識は自分のことを重要な人間だと見なしていると言えます。

しかし、セルフエスティームが低ければ、重要ではない人間であると見なしていると言えます。

 

なぜこのことが重要なのでしょうか。

ルー・タイスの有名なプリンシプルに、

All meaningful , lasting change and growth starts first on the inside and then works its way out.

(すべての意味のある、永続的な変化と成長は、はじめに内側からはじまり、そして外側へと広がる)

というものがあります。

マインド(mind)がまず変わり、外側の世界が変わるということです。

 

セルフエスティーム(自分の価値に対する自己評価)もマインドのあり方のひとつと考えられます。

だから、このプリンシプルを前提に考えれば、セルフエスティームが変わると、それにふさわしい形に外側の世界が変わるということが言えます。

より正確に言えば、自分で自分の高い価値があると確信が無意識レベルで成されれば、あなたはそれにふさわしい判断や行動を繰り返し、やがて外界はあなたを価値のある人間として扱ってくれるということだ。

だからこの一年を素晴らしいものにしたいのならば、この年始に自分で自分の高い価値を決めるところからはじめる必要があるのです。

そして、それができれば、確実に外界のあなたへの扱い方は変わってゆくでしょう。

まず何よりも先駆けて変えるべきは、あなたのマインドなのです。

関連記事

  1. 「【自信が持てない自分】を分解し、【エフィカシー溢れる自分】へと再構築する計画書」

  2. 「仕事の出来る人になるために 〜自分で自分を評価しよう〜」

  3. エクスペクテーションと単なる期待の違い

  4. 「いつまでたっても微塵も変化・成長できない人々」

  5. 「指導者から愛され、誰よりも早く深く学習する方法」

  6. 「社会に出る前の君に伝えておきたいこと」

  7. モチベーション(動機)の種類を理解しよう

  8. 「『相手に尽くす』『相手を褒める』という煩悩に取り憑かれた人たち」

  9. 「人間関係に悩む人がつい見てしまうものとは」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP